台風に備える


      台風に備えて幼いキャベツやブロッコリー、それに大根にも土寄せした。丁寧にやったので2時間もかかってしまった。
      これはこれで神経を使うので疲れる。ナスビとツルムラサキはもう十分とったので風で倒されてもかまわないから放置。さて、台風の被害は如何に。
スポンサーサイト

今日は間引きだけ


      畝たても一段落。なので、大根と白菜の間引き。ニンジンを一本立てにし、株間にたっぷりと油粕をやる。今夜から雨だからね。
      キャベツやブロッコリーの寒冷紗を外し、湿気が充満して蒸れるのを防ぐ手立て。雨の前は忙しい。

冬瓜をあげて喜ばれる


      今日はいちばん大きな畝を立ち上げたのでかなり疲れた。日差しがあって風がなくて、何回も休みを入れてようやく片付けた。
      これで当面の畝立てが終わる。今年も乗り切れたね、感謝。
      しばらくぶりにあった畑仲間のおばちゃんに大きな冬瓜を三つあげた。春にタネを2度も蒔いたが芽が出なかったと嘆いていたね。
      それで、実がなったらあげるよ、と言っていたので約束を果たせて良かった。今年はどういうわけか沢山実がなったね。

3日ぶりの畑


      雨があがって苗がかなり大きくなったので、早生のキャベツと早生のブロッコリー、それに晩生のキャベツを2つの畝に定植した。あと寒冷紗。
      丸大根と長大根を間引きし、寒冷紗を外す。白菜を間引きし、一時的に寒冷紗を外し、しばらく陽に当てた後再び寒冷紗を掛けておく。
      ニンジンの第1回目の間引きをする。2番手のダイコン類のタネを蒔く。今日はあれこれ忙しかったが体力がいらない作業なので楽チン。

自転車で散歩


      夏の疲れと、当面の畑作業が一段落、ここらでひと休み。ここを無理したら病気になる。
      で、久し振りにサイクル道路を自転車でぶらぶら。野も畑も夏草が茂り春とは大違い。何枚か写真を撮る。
      今夜からしばらくは雨と曇天でゆっくり休める。やる事は全部やったので気楽に休める。写真は道端のヒルガオ。

先日蒔いたタネのぼつぼつ芽が出だした


      秋の空気に入れ替わり畑仕事はかなり楽になった。毎朝、蒔いた種に水をやりに行く。それぞれ順調に発芽している。
      入院していた畑仲間が亡くなったと妹さんが話してくれた。同級生で40年ほど一緒に畑をやっていた。やっぱり残念で寂しいもんだ。
      放置していた冬瓜は今日見たらあちこちに五つ実がなっているジャン。すでに6個収穫済みで、もうそんなにいらないけどね。

秋野菜の種をまく


      当面の畝立てが終わったので今日は種まきをした。レタス、サニーレタス、晩生のブロッコリー、白菜、丸大根と長大根の6種類。
      それぞれ寒冷紗を掛けた。2時間半かかった。秋空がやってきたので快適な畑仕事が出来た。
      前に蒔いたニンジン、キャベツ類、ブロッコリーは順調に育ち、その内に本畑に植え替えることになる。今年も秋を迎えることが出来た。感謝。

ツライ畝立て

写真は冬瓜の花、いつまでもよく咲く。
      日差しが強く湿度高く最悪の畑。それに、ここはタマネギの跡地で、前回スコップを入れてから10ヶ月経ってるので土が硬い。
      何回も休みを入れてようやく片付けた。これで、大中小合わせて11個の畝が完成した。あと、当面4箇所あるが明日から秋の気候に変わるので楽できるはず。
      自分の力で完成した畝を眺めていると達成感に満たされる。いよいよレタスや大根の種まきが迫ってきた。これが楽しみ。

爽やかな秋晴れ


      大きな畝をひとつ立ち上げた。日差しがきつく、爽やかさがけし飛ぶ暑さで大汗はいつもと一緒。
      この畝の一部は特に土が硬く難儀した。多分雑草退治の基地にしていたので踏み固められていたもの。
      それでも湿度が極端に低く救われる。この絶好のはたけ日和なのに誰も現れないね。ま、こちらの出勤は早朝だからね。

缶コーヒーの差し入れで頑張れた


      寒冷前線が通過して幾分涼しくなり、陽射しもなく少し快適な畑。予定していた2つの小さな畝を立ち上げた。
      さて、帰ろうかなと、、、。畑仲間が現れて冷たい缶コーヒーの差し入れだ。飲むと途端に元気が湧き上がり、予定外のもう一つの畝を立ち上げにかかった。
      で、あっけなく出来上がり疲れない。コーヒーの威力は凄いね。ついでに明日予定している大きな畝に肥料を散布しておいた。
       昔はポカリスエットを飲み元気をつけたが、お茶に変えて以降疲れを感じたらすぐに帰ったものだ。
      これ、年寄りが常飲したら、はたらき過ぎて身体を壊す元になるね。ここ一番の時だけ飲むといいとおもわれる。