ホリエモン「多動力」、一気読み。


      昨日書いたこれ、IoTの世界おぼろに掴めた。この人、2つ先未来の20年後を先取りして今やってる。なのでときに過激だと炎上する。
      大阪の、あるすし店の店主は、専門学校で3ヶ月習って店開き、11ヶ月後にミシュランのある賞に選ばれた。情報はネットに溢れてる、活かせ。好みは変わる.諸行無常。
      石の上にも三年など、IoTの世では落伍者だ。今年産まれた子供は従来通りで育てたら、成人して食っていけない。
       私はここまで読んで考えた。子供はすべからく、サバイバルの基礎をしっかり身につけさす事。で、好きにさせ、要は制約しない。人に迷惑かけない、弱いものいじめしないなど基本は教える。
      その内にモノになってくる。野菜嫌いや魚嫌いなどなど、遺伝子通りに行動してるからそれが一番いい。  野菜嫌いを治すテレビ番組があるが、子供を潰してる。
      学者になる人、職人、人に優しい人などなど、持って生まれたものを最大限に活かせる。これ、とても幸せ。
      私もスマホが欲しくなって来た。iPad で十分満足だが、持前の機械好きの虫が騒ぎそう。
      でも、目が悪いし、出歩きが少ないしなどなど、言いっこ無しに しないといけないか?      
スポンサーサイト

くさい飯から蘇った人達の事、気になる


      ので、雨降りの今日、四条へ出かけ、堀江貴文の「多動力」を買ってきた。北方領土の鈴木宗男、外務省の佐藤優のエネルギー、その生き様は凄い。
      彼もそうだろうか。立ち読みして、買うか買わないかしばし逡巡した。何せ常識外れの過激さが売りみたい。でも、結局負けて買ってしまった。
      ドトールでサワリを少し読む、面白そうだ。IoT(Internet of Thing)=モノのインターネット)全てのものがインターネットにつながっていく世界、ってどんなものか?そこでどうやって生きていけばいいのか?そんな事が知りたかった。これ、楽しみ。
      蘇るのは、くさい飯以外にもある。昔、雲南桃源倶楽部のホームページを書いていた頃、同じ情報係にいた人が、これ、凄いんだ。
      ITのプロで、一匹オオカミ的存在の恐ろしく忙しい仕事をこなしている人だった。この人のホームページは魔界を歩く危険に満ちていて、オドロオドロしかった。凄い技術だ‼️
      倶楽部の旅行の前は、決まって3日ほど徹夜で仕事を片ずけていた。その人が数年前、脳出血で倒れ、しばらくして蘇ったのだ。簡単なその経緯がホームページにある。
      懸命なリハビリで80%まで回復し、今もいい方向に進んでるとか。左手でパソコンのキイを打ち、既に二編の記事をものにした。
      で、三編目の雲南関係の記事を書いているが、分からないので教えて欲しいとのメールが来たので、分かるものだけ書いて送った。
      堀江貴文さんを読みたくなった動機は、この方の存在が作用したのは間違いない。私もこれらの人みたいに力をつけなくちゃ、と大いに勇気づけられたね。

今日の畑、凄い暑さで危険を感じる


      写真はゴーヤの花、暑さでヘタレ気味。キュウリは毎日水をやってるが、今日は葉っぱがだらり。で、夏本番用の枯れ草をうんと厚めに敷き、たっぷり水をやった。
      以前にお年寄りが畑で倒れ、居合わせた人が助けたことがあった。ので、私はキツイ仕事をする時は、それとなく黙って畑仲間がいるのを確認する。
      この頃は1人のことが多く、そんな時は決して畝立てや堤防の草刈りはしない。また、いつも腰にケータイを付け、いざって時119する体制を保持だ。
      今日は行ったら、挨拶しておばちゃんがすぐ帰った。しばらくして別のおばちゃんが来たので、今日は暑いから早く帰らんとあかんで、と言って私は帰った。
      丁度、別のジイさんが来たので安心したから。それでなくても年寄りには畑は危険に満ちている。つまずいてひっくり返る物が満ちているのだ。

アケビの棚を広げる


      水やりに畑。先日アケビの実をみて、この棚を手入れしょうと思いついた。何せ風通しが悪く、ツルがのびのびできないでいる。
      なので、あり合わせの資材を探し、何とか棚を広げられないか考えた。これ、せっかく実をつけてくれた感謝の気持ちの発露ってとこ。
      隠居の茶屋普請で、あれこれ考えるのがとても楽しい。全てを忘れ没頭できる。
      支柱を一本立て、支えに横棒を既設の支柱に三本井桁にくくりつける。長手方向の奥行きには下段に一本堤防の斜面に突き刺し、上部に一本を、この休憩所全体の大黒柱である金属製の枠に固定した。
      これで、ビクともしない。台風が来てもOKだ。この作業は楽しい、こう言うことは性に合ってるらしい。
      今日はおばちゃんに、カボチャの授粉のやり方を教えた。ついでにまだ来てないおばちゃんのも授粉しておいた。朝10時頃までにしないと乾いて実がとまらないから。

夕方の散歩で体調整えへ


      日課の夕方の散歩は、昼寝と併せてとても体に良い。1時間のコースで大股で少しだけゆっくり歩く。速く歩くとまだ少し足が痛む。
      コースは街中で途中に信号が8つあり、その内半分はわざと止まって休めるように速さを調節する。
      大概、五時少し前に家を出て六時過ぎに家に着く。途中に小学校が2つあり、遠くに住む我が孫も、あんな風に友達とふざけながら歩いているんだな、といつも思う。
      途中にスーパーが2つあり、出かける前に家内に買い物の有無を聞いて用を受ける。ついでにホームセンターに寄り、花や野菜のタネを見て歩くことも多い。
      帰るとシャワーの後、すぐ食事ができている。家内が以前のように病気だと、こんな風にはいかない。ああ、有難いね。