スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

随畜遷徒


中国雲南のタイ族の郷土誌に「随畜遷徒」と言う四字熟語があった。この四字をじっくり眺めていると段々、遊牧民だと分かってくる。うまい発想だ!

ついでに、「身毒」なんてのもある。これインドの事。つまり今は印度なのだ。これ、シンドウなる発音からきている。

そう言えばインド人には「シン」さんなる人が多いね。
スポンサーサイト

上善は水の若し

uezen.jpg

「上善は水の若し」(上善は水のごとし)とは老子第8章にある言葉。

 最高の真の善とは水の働きのようなもの。水は万物の生命を支える唯一大きな存在ながら、偉ぶらず他と争わず自在に身をかわす。

 人はたとえ少しでも高い位置を望むものだが、水はたえず謙虚に低く低く向かうのだ。で、低い所にいるから大きくなる。山の高みにある細流が谷川となり大河となり、大海に到り大きな存在となる。

 でも、遮るものがあればたとえ山であっても容赦なくすべてを覆すのだ。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

お字かき遊び

tarusiru2.jpg

 気ままなもんで、「お字かき遊び」なるものを始めた。大体、歳をととると恐いものなしで横着になり、ときに勝手気まま病が起きる。それに寒さで家に篭るのでよけい勢いがつくのだ、先はしれてる。許せ!

 題して「勝手流お字かき遊び」とでも称するか!さて、どうなることやら。今日はその記念すべき第一回目だ。「お絵描き遊び」ともどもせいぜい励むとするか!


 「足るを知る」は元々「富在知足」(富は足るを知ることに有り)から来た言葉で、孔子などの儒家の書{説苑}にあり、満足することを知れば心は富む。それが本当の富と言うものだとある。

 朝、畑で数日分の野菜を収穫。あと郵便局まで歩き、それでも汗をかきちょっとした運動となった。野菜の収穫作業はいいのだが、持ち帰って水洗いするのがツライね。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。