「生前法名」を貰いに行った

honden.jpg

西本願寺へ「生前法名」を貰いに行ってきた。久し振りに厳粛な儀式を受けた。12人ほどの人達と一緒だった。子供や若い女性もいた。広い本堂の巨大なほとけさまの前にひざまずく。

何せ、儀式なので形や立ち居振る舞いの予行練習をさせられ本番にのぞむ。導師がお出ましになり決められた順序に則り、「おかみそり」を受け法名を授かった。

 軽い気持ちで行ったので、そのあまりの厳粛さにびっくりした。数珠、簡易袈裟、法名状、書籍を貰う。全部で1万円也、家内も同じ。

 本番では高額な法名料を払わされることを思えば「生前法名」は安くて助かる。利用しない手はない。

 これでエンディングノートの第三段階まで終わる。対、外部とのかかわりはこれで終わり。後は 自分自身で少しづつ書いていけばいいのだ。{因みに(一)は尊厳死宣言、(二)は葬式対応だ}

 これで心おきなく、安心してゆったりした気分で老後の人生を生きていける、やれやれ。写真は西本願寺本堂の建物。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)