スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「雑草と言う草はない」

uomichi1.jpg

  昨日今日とウオーキングに励む。今日は往復2時間のコース。風なく穏やかな晴れ。こんな日はお年寄りや女性をよく見かける。車いすや乳母車を押す若い母親もいる。

  さて、ここんとこ畑仕事は雑草退治ばかり。雑草と言えば昭和天皇は「雑草と言う草はない、どんな草にも名前や役割がある」とのお言葉があったとか。要するに差別すべきでないとの精神。

  人間の都合で邪険に扱う勿れの意で、金子みすずの;「みんな違ってみんないい」に一脈相通ずる心なのだ。こころみに広辞苑を引くと;「自然に生えるさまざまな草」とそっけない。

  ところで、木にも雑草があるはずで、雑木とか雑木林がそれに当たるのかな?柴(しば)もそうかな?「お爺さんは山へ柴刈り、お婆さんは川で洗濯」なんてあったね。

 写真はウオーキング道の風景。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : その他

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。