スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜郎自大

yarou.jpg

  今日の畑。ネギ3種類の苗が育ってきたので植え付ける畝を一つ作った。あと二つは雑草を抜いて、いつでも植え付けできる形まで仕上げた。今日も暖かく汗びっしょり。

  さて、ある本を読んでると……、

「すももももももももももももにもいろいろある」と書いてあって、ちゃんと読めますか?とある。

これ、「李(すもも)も桃、桃も桃、桃にもいろいろある」が正解。ついでにもう1つ……

「うらにわにわにわにわにわにわにわとりがいる」とある。

「裏庭には二羽、庭には二羽、鶏がいる」が正解。

  所で日本の国果は柿だそうだが、桃も代表格である。桃太郎が生れる素地がある。中国では桃は仙果とされ、「西王母伝説」が有名で不老長寿の霊効があるとか。

  で、孫悟空が無断で西王母の桃園に入り、桃を食べつくして天帝に叱られたと「西遊記」にある。

  桃太郎は川から流れてきた桃の中にいたが、夜郎国では流れてきた竹筒の中から将来国王になる子供が出てきたと言う伝説がある。さすが、中国は竹なのだ!

  以下は私のホームページから転載しました。

中国故事その二十三  「夜郎自大」
  漢の時代、中国西南部に小さな国々があり、その中に「真(さんずいへんが付く、以降同じ)国」と「夜郎国」があった。
  ある時、漢朝は真国に使節を派遣した。真国の国王は使節に向かって「漢の国土はどれくらいだ、我が国と比べて大きいのか?」と尋ねた。これを聞いた漢の使節は、漢の一つの州や郡にも満たないこんな小国とは比較にならないので、開いた口が塞がらなかった。
  
  後に漢朝は、今度は夜郎国に使節を派遣した。夜郎国は貴州の西にある小国で、国土は狭く、漢朝の県と大体同じほどであった。夜郎国の国王の姓は「竹」と言う。
  
  伝説によると、昔むかし、ある女の子が川で洗濯をしていると、水面に大きな竹の筒が流れて来たので拾ってみると、中から子供の泣き声がするので急いで開けてみた。すると男の子が一人寝ていたので女の子は嬉しくて小躍りして家に連れて帰り、育てる事にした。
  
  その内に子供は成長し、文武両道に秀で、やがて夜郎国の国王になった。国王になった彼は大変傲慢で、自分の国は大変大きくて、大変豊かな国だと威張っていた。彼は漢の使節に、こともあろうに「漢朝と我が国を比べたら、どっちが大きいか?」と尋ねた。
  
  自分の力量を知らず、みだりに威張る事。身のほど知らずのたとえに「夜郎自大」が使われる。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : その他

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。