スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の日は、考えごと

kanaka.jpg

  雨の日は落ち着く。畑へはアイサツにだけは行った。すぐ帰る。パソコン内の古い写真を見て当時に思いをはせる。中国雲南はわが故郷なのだ?!と。

  メディアをもて遊び、反日をそそのかす韓中のお偉方の自己保身の心は、バレバレで醜い。中国古典にはワンサとそんな御仁が居て、国を滅ぼし恥じないのは今も同じ。

  「竹林の七賢人」はかしこくも、デカダンでお偉方をめくらましして、生きのびた。普通の中国人はそんなお偉方の彼らの行状をよく知っていて、どうしたらいい?と、よく私に質問したものだ。

  でも、そんな事、外国人が簡単に言えるものではない。それに比べて台湾はかしこい。皆さん日本人だと親しみを
こめて接してくれる。その心情がよく伝わってくる。

  中国の知人、畑仲間の朝鮮人。皆、素晴らしく良い人ばかりだ!そんなことを考えて雨の日を過ごす。写真はいつまでも咲くカンナ。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。