スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心配ないで!と陰の声?!

hiroike.jpg

  人は誰しも記憶の闇とか、記憶の欠落とか、習慣の罠だとかに遭遇する。ある一定の時間忘れ切ってしまうことどもがある。でも、何かのきっかけでよみがえるものだ。

  私の例で言えば、例えばケータイの充電が全放電し、全充電完でスイッチを入れても全然反応しない。一体どうなってんの?としばし途方に暮れ、数十分の後やっと解決する。

  これ、スイッチを長押しすればOKなのだ!馬鹿ばかしい。この手の、長押しと言う操作は昔は一切なかったのだ!

  また、半年振りに一眼レフカメラを使うべくスイッチを入れて、対象物にレンズを向けてもモニターに何も映らない。どうなってんの?故障か?なんて事があって、数十分費やす。

  これ、元々、モニターに映らず、フアインダーを覗いて撮るカメラなのだ、馬鹿ばかしい。普段、デジカメばかり使っているので、モニターに映るのが当たり前になっていたのだ!

  記憶と言えば、昔聞いた音楽のメロディーを何かの拍子に聞くと、忘れていた当時の記憶が鮮明に蘇り、懐かしい思いに浸される。認知症警戒レベルの年頃なのでこんな事に敏感になる。

  あんたはんは、そんだけあれこれいじくっておいやすさかい、心配ないで!と陰の声が聞こえそうだが……

  写真は北嵯峨の広沢の池。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。