FC2ブログ

寒い日に見る夢?!

sera.jpg

  冬の、南向き二階の四畳半は日が射すと温室になり、かげると窓から寒気が襲い、しんしんと冷え、冷蔵庫。昔ならこたつ、今ではエアコンってわけ。

  お寺の大方丈の寒さはただ事ではない。でもお坊さんは薄い足袋や薄い衣で平気。まさかホカロンって事ないよね。雪の永平寺ではわら草履で歩いてたネ。

  はりまや橋でかんざし買ったお坊さんなら、きっとホカロン党だ?あ、当時ホカロンなかった。どうしてたんだろう?気になるね。

  イヤ、高知は冬でも暖かいのさ!なんて話、言いっこなしにしょうよ?!

  世には、これら俗人を超越した人種がお寺さん以外にも案外多い。修行と言うがそればかりではあるまい。心頭滅却すれば火も又涼しなんてのもあったね。

  ケーキばかり酒ばかり、或いは青汁だけ飲んで、元気で長生きの御仁がいらっしゃる。一体どうなってんの?そりゃ遺伝子じゃない?ほら、ギャル曽根なんていたジャン。

  でも、小難しいカタカナの成分表で煽られ、広告のエサになって貢ぐ御老人もゴマンといらっしゃる。この頃のお年寄りはお金持ちだからね!

  これ、合法だからオレオレみたいに世が騒がないが、年間数千万円規模のお金が動いてる。ま、景気の下支え効果もあっていい事ジャン。

  止まらない!ここまで書いて。まだまだいける。字数が増えてきた、ヤバイ。

  さて、どう止めようか?あ、また日が射してきた。ので、エアコン切った。湿度計は30%をきった。今度は加湿器だ。忙しいネ。で、「半ば夢」から目覚めた。やれやれ終わりにしよう。寒い日はこんなんで日が暮れるんよ。
スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)