芽出しにはコツがある

kktoko.jpg

  今日の畑。昨日はカボチャを植え付け。今日はキュウリを2本だけ植え付けた。写真がその苗を作っているポットだが、キュウリはあと3本あるがまだ小さいので今日は2本だけとなった。

  何せ、キュウリやカボチャのタネは値段が高く、13粒入って477円也。で、私は二年に分けて使うので今年は6粒まいたのだ。カボチャも同じ。早い遅いがあるが、8割がた目が出たのだ。

  畑仲間の皆さんはケチらなく、全部まいて、多く芽が出た時は捨て、出の少ない時は苗を買うというパターンを繰り返す。

  実は芽出しにはコツがあって、ほぼ確実に出せるのだ!教えてあげても失敗を繰り返すのでお手上げ。枝豆やトウモロコシも順調に芽が出だしたし、花タネも芽が出だした。心配なし。

  もうじき、今度はオクラやゴーヤ等の夏野菜のタネをまくがやり方は同じ。こちらは値が安いので全部まいて人にあげたり日除けに使う。花タネの芽出しは、タネの大きさによってやり方を変える。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)