独特の言い回し


中国雲南地方各地の郷土誌を見ていると時々独特の言い回しに出会う。

こんなのがある。「雲南へ来てもシーサンパンナを見なければ雲南へ来たことにならない」。

「シーサンパンナへ来てもカンランパを見なければシーサンパンナへ来たことにならない」との言い回しだ」。これ、いかにいいとこか?を強調する論法だ。

同じく徳宏地区の郷土誌には「雲南へ来ても瑞麗を見なければ雲南へ来たことにならない」。「瑞麗へ来ても弄島を見なければ瑞麗へ来たことにならない」と言った具合。

なお、カンランパは南国風の独特の雰囲気ある村で、弄島はミャンマーとの国境にまるで突き刺さった様に鋭く差し込む半島の先端にある村。

写真は弄島のミャンマーとの国境ゲート。

www001.upp.so-net.ne.jp/tamotsu2/32goupage.htm
これは「雲南桃源倶楽部報32号」の徳宏地区に関する私のホームページ記事です。なお、興味のある方は私のプロフィールにある三個のURLのどれかの一つからここへ飛んで行けます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)