絶好の畑びより


写真は鶏頭。
レタス類の種をまく。この涼しい2、3日を逃すと種まきのタイミング時期が失われる、貴重な1日。
この時期のレタスの発芽は難易度が高く、毎年まく時期の選定に気を使う。今回はスダレの陰にまき、午前、半日陰。
午後はレースのカーテンを一部張り、真昼の2、3時間だけ光線が注ぐ具合に細工した。あとの西日は遮断する仕組み。
あと、小型の畝を3カ所畝立てした。ここは白菜用だ。
曇りで涼しい風が吹き、畝立て作業してても汗をかかない快適さ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)