スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大覚寺で国際親善


嵐山の釈迦堂と嵯峨の大覚寺へ紅葉を撮りに行って来た。全部で50枚撮った。今が一番美しい時期みたい。
大覚寺では逆回りで歩いたので人はほんのまばらで紅葉を独り占めの感。新婚らしき2人に写真を撮ってあげた。
この2人、しぐさで撮って欲しいらしい、で、中国語でどこから来たん❓何かもぐもぐ言う。中国語と違う、韓国でもない。広東語っぽい。 なのでシアンガン(香港)からか?
と言うとたどたどしい日本語で広州と聞こえる言葉を発する。で、何だ、グアンチョかと言ったら一瞬に顔を輝かした。
あんたはどこの人❓わしは日本人や。で和やに交流がすすみ撮ってあげたらすごく喜んで、流暢な中国語やねとお愛想を言ってくれた。
次は親子の女性の2人ずれ。こっちから声を掛ける、2人一緒に撮ってあげよか?嬉しそうにカメラを渡す。
どこの国の人❓日本人や。へえ−流暢やね。あんた達は❓台湾。台北か?違う高雄や。へえ−うちの息子高雄で仕事してるで。
で、話が弾む。
次は女学生と母親だ。どっから来たん❓。慣れてきて図々しくなる。台湾。台北か❓そうや。台湾ヘ来たことあるの❓あるよ、台北、高雄、台南やとりわけ高雄は詳しいで。で、話が弾む。お愛想で流暢やねと言ってくれる。
不思議なもので日頃使ってない中国語が自然と湧いて来る。暮らし言葉なのでよく通じる。脳の記憶分野が目覚めるらしい。
お愛想で流暢やねと言ってくれて気分がいい。楽しいいっときを過ごせて面白かった。
写真は釈迦堂。朝9時半に自転車で家を出て帰ったのは丁度12時だった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。